ISO14001を取得した会社はどんな取り組みをしているのか

良い取り組みを参考にしよう

企業が行なっている良い取り組みは、自然と多くの企業が真似をしていくものです。しかし、それを取り入れる体制が制度化されていないと、なかなか浸透することは難しくなります。良い取り組みを自社でも取り入れられるように、規格を設けている必要があるのです。

具体的な取り組みも紹介

メンズ

環境に関する規格

環境マネジメントは企業にとって大事な取り組みとなっています。以前まではそれほど意識されてはいなかったものの、現在は会社にとってなくてはならないものになりました。
ISO14001はそんな環境マネジメントに関わる国際規格となっています。

基本構造がある

ISO14001とはどういった構造をした規格なのかというと、会社の最高責任者に環境マネジメントの指揮をとってもらう方式となっています。
こういった構造は「トップダウン型」といわれており、必ず現場任せ、部署任せにせず、会社全体で取り組んでもらう方式です。

改善するにはどうするか

何か問題があったとき、それが上手に改善されるためにはある流れを利用します。
まず、計画が必要です。
その次に実施。
実際やってみる。
どのように直っていったのかチェック。
この繰り返しによって問題がスムーズに解決するといわれているので、ISO14001でもこの流れに取り組むように規格化されています。

理念が重要

では流れがスムーズであれば良いのかというとそうではありません。大事なのは環境に対する理念です。
その会社にとって良い理念だからといって、別の会社と周囲の環境がぴったり合致するわけでもないからです。
事業内容も鑑みて、自然環境や周辺住民とのコミュニケーションをどうしていくのか、しっかりとした理念が必要なのです。

具体的な取り組み例

ISO14001の導入によって、どのような取り組みを行なっているのか、具体的な例も参考にしましょう。以下の例があります。
・お客様や周辺住民へ挨拶
・明るいデザインのオフィスにする
・燃費の良い車を業務で使う
・オフィスで使う空調システムを最新式にする

広告募集中