社会的信頼を得るためには第三者からの認証が必要

審査してもらうということ

レディ

利益を上げるために必要なこと

会社が利益をあげるためには何か商品やサービスを生み出す必要があります。しかし、それとは別に必要なものがあります。
それが「信頼」です。
何か取引をする際には「この人・会社なら任せられる」という信頼を元に行ないます。それを築くには努力が必要です。

企業の「資格」

ではその信頼はどのように得るのかというと、就職するときでいえば「資格」や「学歴・職歴」です。
会社でいえばそれがISO14001などの規格ということになります。いわば第三者からのお墨付きというわけです。

第三者から認めてもらう

良いサービスや商品、また環境に気をつけた取り組みというものはそれ自体が評価に値します。そのため、自然と良いものは売れるし、周囲の環境を良くするというわけです。
それを強化するのが第三者からの認定です。特にISOのような国際的な規格だと信頼も厚くなります。

リスクの管理が必要

取り組みが上手くいっているときというものは、問題点に気付かないものです。そのままでは危険なことが起こっても気付くことさえできず、隠そうとさえすることがあります。
それは企業にとっては大変なリスクです。間違いが起こっても改善できるように、リスク管理をするためにISO14001があるといっても過言ではありません。

企業がISOを取得する理由ベスト5!

no.1

リスクを回避したい

企業がISOを取得する理由として最も多いのがリスク回避のためです。経済活動には多少のリスクがつきものです。しかしそれを放置していると、社会的な批判を受けることになってしまいます。そのリスク回避のためにISOが必要です。

no.2

企業をアピールしたい

次に多いのが企業の宣伝のためです。他の企業と抜きん出ていた方が何かと注目を浴びるきっかけになりますが、ISOを取得している企業が注目されやすいという状況があります。そのためこれを理由に取得を目指す企業が多いのです。

no.3

営業の目玉になる

他企業との交渉に営業は奔走しますが、そういったときにISOを取得していると営業成績が上がりやすいという声があり、そのためにISOを取得しようという企業も多くなっています。具体的には入札時に有利になるといわれています。

no.4

組織の活発化に役立つ

四番目に多い理由が、社員のためです。社内のコミュニケーションが多く、活発に動いている会社ほど成長するといわれていますが、それにISOが役立つのです。規範があると取り組みもしやすいということで注目されています。

no.5

融資が受けやすくなる

会社によって、資金を確保するのに役立つということで、ISO取得を目指す企業もあります。銀行には明確にISOを評価する基軸を表明しているところがありますので、そういった企業が増えるのも当然であるといえるでしょう。

広告募集中