コンサルタントに頼むときのコツは直接話すこと

コンサルタントに頼もう

スーツの人

高度なやり方もある

ISO14001を取得する際には、会社で環境に対する取り組みを考える必要があります。その際にコンサルタントに相談して、高度な要求を提案されるケースもあります。
これは一長一短で、良い取り組みをするためには必要な提案かもしれないのですが、会社に合わないものだと調整が大変になってしまいます。

選ぶときにみるコンサルタントの性格

コンサルタントがいるとISO14001を取得しやすいとはいえ、それぞれ会社によって合う人がいるので、依頼する際には直接話すことが大切です。
基本的には利用した人の意見を聞くことが良い方法ですが、いくつか回ってみてチェックしましょう。

講師をどうやってチェックするか

コンサルティング会社を最終的に決める際には講師の存在をチェックしましょう。
・どのような考えをもっているか
・サポート内容
・指導の方法
・人柄
以上のことをよくチェックして、自社に合う講師かどうか決めることになります。

コンサルティング会社を絞り込む

コンサルティング会社の講師を直接チェックするまでには、最低2社に絞りこんでおきましょう。
数あるコンサルティング会社から2社に絞り込むのは大変かもしれませんが、コストやフォローについて調べれば、ある程度は合う会社をピックアップすることができます。

ISO14001のサポートを受ける際のチェック

コンサルティングを頼まなくても大丈夫?

専門のコンサルティング会社にサポートを依頼しなくても取得することができる会社もあります。しかし、それには大変な努力が必要になってくるので、手間も人員もかかってきますので、リスクは高いといえるでしょう。

どんな規格が良い規格なの?

作成したISOには良い規格があります。逆にあまり続かない規格というのもあって、難しすぎて維持管理ができないというものです。フローや規格を利用し続けるなら、なるべく理解しやすい現場でも管理しやすいものにした方が良いです。

コンサルタントには資格ってあるの?

ISO取得のコンサルタントとして活躍している講師は様々な資格を持っているので、関連資格を取得しているかどうかも選択の基準になるでしょう。ISO14001専門の審査員を経験したことがあるならより信頼できます。

環境を重視する理由ってなんなの?

会社には法律を遵守する義務がありますが、環境に関する法律は数多くあります。環境基本法を始め、工場などの騒音を抑えるための騒音規制法なども存在します。それらを遵守するためにも環境への取り組みは必要になってきます。

書類は作ってもらった方が良いの?

ISO取得のためには専門書の読み込みや作成が必要になってきますが、これが大変な作業ですので、できればコンサルタントに任せた方が良いです。しかし、難しすぎても取得後使えないので、積極的に作成には関わりましょう。

広告募集中