持続可能な経済活動をしていくために必要なISO14001

環境と経済活動

男性

これからの経済活動

経済活動を行なっていくためには、ある程度環境を変えてしまうのは仕方がない、そういった考えでいてはこれからの経済活動から乗り遅れてしまいます。
環境はもはや経済活動とは切っても切り離せない存在であり、企業が積極的に保全を考える必要があります。

WWFからの要請

国連の機関であるWWFから、ビジネスモデルの見直しが要請されています。気候変動によって動物たちの生息地が脅かされているため、国を挙げて対策をしなければならない状態です。
・消費の仕方
・都市のあり方
・持続可能なエネルギー
などを包括的に考えた成長を目指さなければなりません。

環境とISO14001の関係

ISO14001を取得する過程で様々なリスクについて考えることになるでしょう。
企業にとっては生物的な多様性が失われてしまうことで、市場を削減してしまうだろうと予想されています。ビジネス持続するためにも、環境保全について考えることは重要だという意識をもたなければなりません。

経済的な成長も見込める

ISO14001取得の取り組みの中で、環境保全については実施できるが、それを行なってしまうと利潤の獲得が見込めないという問題を心配する経営者もいるでしょう。
しかし、利潤と環境とは相反するものではありません。環境保全のためにペーパーレス化をすることで、会社の無駄を省くことになり、成長に繋がったケースもあるのです。

広告募集中