企業アピールのためにISO14001を取得し環境についても考える

コストダウンを目指す

女性

省エネを考える

エネルギーをふんだんに使って生産物を作るという時代が日本にはかつてあり、それが高度経済成長期とも言われました。
経済成長の特徴は時代によっても変わりますが、今は真逆の省エネ時代であるといえます。

形骸化は避けたい

この省エネの体制を作っていくための規格が、多くの企業が取得を目指すISO14001なのです。しかし、ISO14001をせっかく取得しても、それが形だけのものになっては意味がありません。
上手に回っていくための仕組みのことですから、利用しやすい現場の動きに沿ったものを作るようにしましょう。

取得にはお金がかかる

省エネのための規格取得とはいえ、ISO14001の取得自体にもお金がかかるので、コストの面も考えましょう。
・空調機器の調達
・車の買い替え
・資格取得の費用
・コンサルティング費用
・取り組みのための予算
などなど、様々なコストがかかってきますが、上手に運用すれば短期間で初期投資は回収できます。

社内のモチベーション

ISO14001の取得を行なえば、自然環境だけでなく働くスタッフの環境も良くすることができるため、その点に注目している経営者もいます。
働きやすい空調や部屋づくり、そして社員同士のコミュニケーションの充実などが実現すれば、社員のモチベーションも上がるでしょう。

コンサルティング会社のサポート

国際規格のISOですから、専門書を読み込んで勉強しなければなりませんし、環境マネジメントのためのマニュアルも作成しなければなりません。
コンサルティング会社に頼めば、そういった難しい作業を請け負ってくれるので安心です。

[PR]

ISO14001の取得方法を一挙公開!
セミナーの情報や資料を確認しよう。

生きているだけで影響を与える

一見、自社は環境に対して何ら影響を与えていないように見えても、実は電気を使っているだけでも自然に大きな影響を与えているのです。そういった意識も含め、コンサルティング会社と一緒に勉強をしていく必要があります。

コンサルティングの流れから運用まで

問い合わせをする

そもそもISOとはなんなのか、ISO14001は何に関わる規格なのか、漠然としか知らないという経営者も多いです。誰かに聞いただけでは理解できないので、まずコンサルティング会社に問い合わせることになります。

見積もりと契約

説明を受けるために話し合いの場を設け、その後見積もりを出すことになります。どの時点でコンサルティングを任せるのか、カスタマイズすることができるコンサルティング会社もあるので、経営トップで話し合った上で契約します。

キックオフを全体周知する

会社全体で行なう取り組みであるISO取得であるため、契約後はISOの取り組みに関して詳しく会社全体に周知が行なわれます。難しい説明でも社員に分かりやすくコンサルティング会社が解説してくれるので助かります。

現状を整理する

ISO14001取得のためのチームを社内のメンバーで結成した後、コンサルティング会社は面談を行ないます。既存のシステムも上手に使えないかチェックするために必要な作業となっており、その情報を元にマニュアルを作ります。

取得と運用

マニュアルを作ればすぐに取得できるというわけではなく、実際そのマニュアルを使ってみます。ブラッシュアップのあと、取得を申請しますが、コンサルティング会社では運用のサポートも行なってくれるため安心です。

広告募集中